受講者の声

2009年絵本セラピスト®養成講座が始まって以来、毎年100人以上の絵本セラピスト®が誕生しています。資格の取得はゴールではなくてスタート。絵本セラピー®を学んだ人たちがどんな活動をして何を学び、どう感じているのか。生の声をお届けします。

「初めて絵本セラピー®開催しました」

1絵本力のお陰さまで、参加者様からたくさんのお喜びと感謝や、また開催して欲しい等、私にとっては、想定外のアンケート結果に驚いてしまいました。とても嬉しい、やったー!って、身震いしてしまいました。次へまた、もう一歩踏み出したくなる気持ちになってしまう私って単純?と認めざるを得ません。しかし、精進、精進をせねばと気合いも、しっかり入りました。幸せな1日を過ごすことが出来ました。

2絵本セラピー®を開催する事が出来ました。みんなに喜んで頂けて、涙 涙の最後になり、 追加で2冊読みました。 絵本は、あまり得意ではないと言っていたママ達も、すごく喜んでくださって、私自身、感動してしまいました。絵本セラピー®って、楽しいなぁって、改めて感じた日でした。

3本日、初めて絵本セラピー®を行いました。普段絵本に携わっている方もそうでない方もいらっしゃいましたが、絵本について深く考えること、そして自分自身を見つめ直すよいきっかけになったようです。実際に絵本セラピー®をやってみて1番感じたことは、シェアをしていく中でその方の悩みやこれまでの人生が見えてくることです。絵本セラピー®中、何度もこの方のお話をもっと聴いてあげたい!と思いました。ということで、これから私は全国の絵本セラピスト®の皆さまの絵本セラピーをどんどん体験し、勉強していきたいと強く思っています!

4早速初めての絵本セラピー®を開催しました。参加者のみなさんは40代の経営者、個人事業主の方でした。普段親しい方もいたのと、初めての方もみなさんとても前向きで受け入れてくれる気持ちが大きいお客様でしたので温かく絵本を受け入れてくれました。絵本の感想は「特にないです…」と言った方も、そう言いつついろいろ話してくださっていましたので良かったです。ある経営者の方が、普段は数字ありき、理詰めでガチガチに隙がないような考えを大事にしているので、絵本はとても新鮮でしたと言ってくださったのが印象的でした。反省点はいろいろありますが、早速次回のリクエストいただきましたので反省点を修正しつつまた頑張ります。

5今日初めて場所を借りて絵本セラピー®をしました。来てくれたのは友人5名です。参加者同士は初対面の方が多く新鮮な感じが良かったです。会場で感想を書いていただいて,おまけにお家に帰ってからメールでまた深い感想をそれぞれからいただいて喜んでいます。

6昨日は、絵本セラピスト®️に認定されて、初めてのセラピーでした。銀行のロビーに絵本が置いてあったことから絵本談義になり、そのまま絵本セラピー®開催にいたりました。絵本セラピー®では、ついさっきまで見ず知らずの人だったのに、絵本を読み進むうちに、会話が弾み、そういえば…と人生の大きな出来事を話している。参加された方々の思いがけない体験談。シンプルな絵本を大人が読むからこそ自分に引き寄せて考えられる。今回の絵本セラピー®を振り返って、ファシリテーターとしてはまだまだ勉強不足を痛感しています。先輩のアドバイスを参考にもっと練り直して行きます。

「こんなところでも絵本セラピー®活用」

7親戚の新年会の集まりで絵本セラピー®を行う時間を頂きました。老若男女入り乱れ、下は11才から上は75才まで総勢12名。結論から言うと、やって良かったです!親戚・お正月ということもあってもともと場の空気は良かったのですが、皆さん結構ノリノリでやって下さいました。そして「絵本って凄いね」という新しい認識を持って頂けたようです。最後に読んだ絵本では「こんな絵本もあるんや~」と、おじいちゃんたちに好評。色々と興味を持ってもらったようです。シェアリングでは年配の方々は思っていた以上にアグレッシブで思いもかけない意見が出てきました。「発表する場があって良かった」「こういう場で話して拍手をもらえたことは嬉しかった。ありがとう」と言われたことが凄く嬉しかったです。

8今日は家族に絵本セラピー®をしました。参加者は両親と親せき全部で8名です。家族にセラピーするのは2回目。いつもは言わないことも、絵本を介して、素直に言えてしまう。家族に絵本セラピー®をすると、そこがいいですよね。家族で集まる時の恒例行事になりそう。

95年連続で高校に絵本セラピー®で呼んで頂いています。その高校では、生徒達の社会性やコミュニケーションの力を育成するためのプログラムの一環として、絵本セラピー®を取り入れてくださっています。高校生達も年に一度の「絵本」の時間を楽しみにしてくれているようです。たまたまその高校の卒業生に会って「毎年、絵本を読みに行ってたよ」と話すと、「わ!メッチャ楽しみにしてたヤツだ!」と言ってくれました。嬉しいな。昨日は、三年生への絵本セラピー®でした。高校時代に、絵本の魅力にちょっとでも触れたこと、きっと、これから心の中で熟成していくのではないかしら。ずっと応援しています。大人になって、社会人になっても、「絵本」に触れる機会がありますように。

10育児休暇があけ数年ぶりに職場に復帰しました。早速今朝、朝礼&スピーチ当番がまわってきたので「お休み中に身につけた特技です」と絵本セラピー®を紹介し絵本を読んで簡単なワークを行ったところ、最初は「なんだなんだ?」とどよめいたのですが「やるな~」「絵本っていいね」「幸せな気持ちになったよ」「いい仕事納めになりそう」と好評でした。さっそく歓迎会でも絵本を読んでとリクエストをいただきました。

「タイミングはそれぞれ、とにかく進む」

11今年(2018年)の抱負として「やりたいことに取り組む」と書き、すぐに絵本セラピー®を知り、2月には近くで開催された絵本セラピー®を受け、絵本セラピスト®さんのブログを読み、4月には帰省中に実家近くでたっちゃん(協会代表・岡田)の絵本セラピー®を受け、5月には絵本セラピスト®養成講座を受けてました。2年後に活動始めるつもりが、発信することの大切さを感じ、周りに「絵本セラピスト®の資格取ったよ」と発信してたら11月にはデビューしてました。全てが初めてのことだらけなのに、何故か、やれる気しかしないのが逆に怖いくらいです。それもこれも、たっちゃんを始め、ステキな皆様と繋がれたからだと思ってます。 私の世界が広がりました!感謝、感謝です。

12あきらめなくて良かったという報告です。わたしが絵本セラピスト®の資格を頂いたのは、7年前。すぐにみんなに絵本セラピー®を伝えたくて、働きかけても興味を持ってもらえず、友達も1回は来てくれるものの次に続かず…。そこで考えたのが、絵本を読んで、歌を歌って、参加者の方のお得意なことで講座をしてもらってという場所づくりでした。大人に絵本を広める事が形になりましたが、絵本セラピー®からは離れる結果になって、絵本セラピスト®の講座からも遠ざかってしまいました。ところが、なぜかわからないのですが、めぐりめぐって、人との繋がりから、今年入って、公民館の方から講座をして欲しいとの依頼がきて、びっくりしました。これは、もう一度絵本セラピー®を勉強しなくてはと、今年はフォロー講座に行き始めました。絵本セラピー®に触れるたびに、絵本セラピー®の面白さ、素晴らしさを再確認しました。そして今日、ご依頼頂いた絵本セラピー®をさせて頂けたことは感謝です。あきらめなくて良かった〜。絵本セラピー®に出会えたことに感謝です。これから絵本セラピスト®仲間と協力して地元で毎月絵本セラピー®を続けて開催することになりました。

「絵本セラピスト®という生き方」

13今年の4月、誕生日を機にスタートさせた自主開催のカフェ絵本セラピー®。季節ごとのプログラムで全9回開催し、今月12日に今年の活動を締めくくりました。地元では全く知られていなかったけれど、友人や知り合いの応援のお陰で、絵本好きの方々や癒しを求める方々が参加してくれるようになりました。そして、その方々がお友達を連れてリピートして下さり...というように、少しずつ少しずつジワ〜っとしみ込むように広がってくれているような気がします。絵本セラピスト®の仲間が遠くまで駆けつけてくれたことも本当に嬉しい出来事でした。今や絵本は自分にとってチャレンジを続けるエネルギーの源になりました。絵本セラピー®をやりながら、実は一番癒され楽しんでいるのは自分自身かもしれません。

14病室で、父との絵本時間。「絵本セラピスト®になってよかった」と思うことがたくさんある。父と絵本時間を持てたことも。父との絵本時間の報告をさせて下さい。父が亡くなる3週間前、私たち家族は悲しみの中にいました。激痛に苦しむ父。辛くてたまらないけど、ほんの少しでも、穏やかに笑って過ごしたい。そうだ、私は絵本セラピスト®!絵本を読んでみようと、病室で楽しい絵本を読んだ。親子久々に声あげて笑い合った。父が言った「絵本て面白いなぁ。読んでもらうて、ええなぁ。なんぼでも聴いてたいなぁ。あちこちでも絵本を読んで、「なんかええなぁ、なんかもっと聴きたいなぁ」て思ってもらえたら、嬉しいことやなぁ。一生懸命にしてたら、みんな笑顔になっていかはるで、きっと。がんばりや。」絵本をきっかけに今まで聞いたことなかった話も たくさん聞くことができた。体調見ながら、絵本を読んだ。側にいて手を握ることしかできない日もあったけど…。「幸せやなぁ。ずっとずっと幸せやったで。ありがとう、ありがとう…」みんなに、繰り返しそう言って、旅立った父。激痛の波の合間に、絵本を読んで 深い話が出来たことは夢のようで、父の言葉をメモしたノートは、私の宝物に。私、絵本セラピスト®になって、本当に よかった~!

上記の14事例は全て2018年に全国の絵本セラピスト®から寄せられた報告の一部です。 絵本の事をほとんど知らないまま養成講座を受講し、基礎絵本セラピスト®になってすぐにデビューした人もいます。プログラムのセオリーに再現性があるので、基本通りやれば誰でも結果が出るのです。 そして絵本セラピスト®として実践を続け学び続けることで、自分の人生での役割や大事な人との関りを見直すことにもなります。「絵本セラピー」は技術ですが「絵本セラピスト®」は生き方なのです。

Copyright 2019 絵本セラピスト協会